ブログトップ

m*tuuli

mtuuli.exblog.jp

善福寺散歩

暖かかった4月。
ほぼ1/4が夏日だったのだとか。
日差しは強くても、
湿度が低くて空気がさらっとしているから有難い。

ゴールデンウイークの始まりも行楽日和。
花粉も大分少なくなってきているし、
あちこちふらりと散歩。

28日、
c0246847_22263363.jpg





 近くの緑地公園で 
 満開の桐の花を眺めて、







c0246847_22284772.jpg





 
 歩いて善福寺公園まで。







c0246847_22303701.jpg






 蓮の花も咲きはじめました。







途中美味しいコーヒー屋さんをみつけて入ったり、
結局西荻窪駅まで歩いて帰りはバスで。
よく歩いたなあ。

30日の今日は
善福寺川緑地公園のあたりを散歩。
同じ善福寺でも
おとといの善福寺公園とはちょっと離れて
こっちは近くまで車で。

c0246847_22430750.jpg














c0246847_22440509.jpg














途中、「フランスパンと、ジャムとジャズ。」という
看板に惹かれて寄った「SONKA」というパン屋さんで
フランスパンのサンドイッチを買って、

c0246847_22482936.jpg














川沿いにずっと続く緑地帯の中の
公園のベンチでいただきました。
美味しかった!

大きなレンズをつけたカメラを抱えた人が
5〜6人で同じ方向をじっと見ていたので、
近くへ行って聞いてみると、
なんとオオタカの巣があって、中で親鳥が抱卵中なのだとか。
時々出てきて姿を見せるらしく、それを待っていたのでした。

c0246847_22554622.jpg














マイカメラではこれがせいいっぱい。
真ん中辺の黒いかたまりが巣。らしい。。。
残念ながら姿は見られず。。。

善福寺川緑地公園一帯は土も多いし
川沿いであるせいか、
風が涼しくて気持ちの良い場所でした。


* * * * * *

c0246847_23071854.jpg














このあいだの展覧会がとても良かったので
「仙人と呼ばれた男/画家・熊谷守一の生涯」田村祥蔵著
を図書館で借りて読みました。
自分が生まれた1960年代は、
明治の初めに生まれた画家が
まだ制作に励んでいた時代だったのだなあ。
カルソン姿で悠々と歩く熊谷守一氏に
思いがけず出くわしてみたかったなあ。


by m-tuuli | 2018-04-30 23:42 | 日記 | Comments(0)
咲いた咲いた >>