ブログトップ

m*tuuli

mtuuli.exblog.jp

<   2014年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

シンキチ君


夕方になると、
和室の掃き出し窓の外から聞こえてくる声。

「シンキチ〜、シンキチ〜、帰っておいで〜ごはんだよ〜」

たびたび耳にしていて
はじめは小さい男の子を呼んでいる声かと思っていたのですが、
「は〜い」と応える声は聞いたことがありませんでした。

そう、おそらく、シンキチ君は・・・猫。
きっと、間違いない。

今日も呼ばれていました。

シンキチ君、
お母さんにあんまり心配かけないようにね。


c0246847_2022034.jpg













注:この子はシンキチ君ではありません。(たぶん)
by m-tuuli | 2014-05-28 20:06 | | Comments(0)

夏の、はじまり


早めのお昼をすませて外に出ると、
日差しはもう夏のよう。

c0246847_21121779.jpg











c0246847_2062247.jpg













相棒と久しぶりに渋谷のPARCOまで。
「かないくん展」を観にいってきました。


c0246847_20334036.jpg









谷川俊太郎/作 松本大洋/絵 の絵本
「かないくん」の展覧会
物語に沿って原画を見ながら進むことができます。
(撮影OKの展覧会でした)
松本大洋さんの絵は、
鉛筆だけのスケッチも繊細で優しいのに
強さのある線がとてもきれい。

谷川俊太郎さんの詩の展示や
不思議な仕掛けの廊下もあって
心の中で「あっ」とか「はっ」とか
小さな気付きのある展覧会でした。


c0246847_20571095.jpg










こんなお昼ごはんが美味しい季節になって。
家にはそば皿が無くて、冷たいうどんも
この楕円のザルにのせていただきます。
水受け皿は合羽橋で探して求めたステンレスのトレイ。
昔の喫茶店でオムライスとかが乗っていたようなあれです。
軽くて洗いやすくて収納しやすくて気に入っています。

他のお家ではどんなふうにしておそばを食べているのか
ちょっと知りたい。
by m-tuuli | 2014-05-24 21:37 | 日記 | Comments(0)

一日鉄子


c0246847_18332865.jpg













4月27日の都電荒川線沿線を巡る旅。
楽しかったです。
特に鉄道ファンというわけではないのですが、
相棒と以前、高田馬場付近を車でよく通っていて
「いつか乗りたいねえ。」と話していました。

c0246847_18421920.jpg













西武線〜東西線〜日比谷線を乗り継いで
三ノ輪橋から出発。
頭上にはつるバラのアーチ。
沿線には随所にいろいろな種類のバラが植えられていて、
花の時期はとても見応えがあるのだそう。

c0246847_18542644.jpg



懐かしい二人がお出迎え。

c0246847_18553888.jpg

車内で一日乗車券(400円)を買って、
まずは小台まで。

c0246847_19362163.jpg




相棒が前日に調べてみつけた
パン屋さん「BLD」で
ランチを調達。
どれも本当に美味しそうで
迷う迷う。




再び乗車して飛鳥山まで。
小さな車体が大きなカーブを描きながら
飛鳥山の坂を登っていくところはとてもワクワクします。


c0246847_19453533.jpg





飛鳥山公園を散策し、
ベンチでお昼。
新緑がきれい。






c0246847_19555656.jpg

c0246847_19563194.jpg

c0246847_19581149.jpg

c0246847_19585798.jpg

旧渋沢庭園の青淵文庫と晩香廬を見学。
あのタゴールも来ていたのだとか。
建てられたのは大正の頃、
隅々まで凝った造りに職人さんの心意気を感じます。

次の目的地は鬼子母神前。
「キアズマ」というカフェで
美味しいコーヒーをいただきました。
周辺は猫がいそうな路地がいっぱい。
やっぱり。

c0246847_20285159.jpg

c0246847_20302055.jpg

ひょいとのぞくと
いましたいました。わらわらと(笑)
ハチワレさんがたくさん。

c0246847_20352725.jpg



c0246847_2044203.jpg

鬼子母神の大銀杏にも会ってきました。


駅に戻って、終点の早稲田まで乗って、
都電荒川線の旅は終了。
東京にもまだ知らない場所がいっぱいあるなあ。

c0246847_20551065.jpg
by m-tuuli | 2014-05-02 21:20 | 日記 | Comments(2)