ブログトップ

m*tuuli

mtuuli.exblog.jp

カテゴリ:俳句( 6 )

句会第六回


c0246847_16415953.jpg









2014年初の句会は石神井公園にて。
季題は[ 蜜柑 ]

 ◎下投げのみかん甥っ子好捕せり
  とりあえずみかん手にとり答え待つ
  妻方はみかん切らさぬ愛媛の出
                土素
  印象派みかんのような日の出て
  ぽっかりとみかん手のひら照らしけり
 ◎みかん片手に影長き猫と居る
                風来

図らずも二人共、むいて食べる前の
まるいみかんが手にある場面のことを詠んでいて
面白いなと。

◎に選んでもらった私の句は
「句またがり」に挑戦。

次回の季題は[ 冴ゆ ]。


c0246847_17113930.jpg

c0246847_17124125.jpg

石神井公園にある大きなセンダンの木。
落葉した梢にのこる白い実が青空に映えて綺麗です。
ヒヨドリが美味しそうに啄んでいました。

東京のお正月はお天気に恵まれて。
新しい年もこんなふうに明るく穏やかだといいな。

本年もどうぞよろしくお願いします。
by m-tuuli | 2014-01-04 17:50 | 俳句 | Comments(2)

句会第五回


c0246847_1505235.jpg









朝晩の空気が、きりりと冷たくなってきました。
日曜日、上井草のcafe SLOPEにて五回目の句会。
季題は[ 立冬 ]

  外套に去年のレシート冬に入る
  立冬や3番ホームにおでんそば
 ◎立冬の猫輪郭を光らせて
                土素
  大根の白蕪の白冬に入る
 ◎立冬や一枚の葉に重さあり
  動かずに鳥を待つ人冬に入る
                風来

二人とも季重なり有りですが、
俳句の神様許してくれるでしょうか・・。

次回の季題は[ 蜜柑 ]。
by m-tuuli | 2013-11-20 15:26 | 俳句 | Comments(0)

句会第四回

c0246847_10531917.jpg













文化の日、吉祥寺にて四回目の句会。
季題は[ 夜寒 ]

  流れ去る街灯白し夜寒かな
 ◎剥製の細き前脚夜寒宿
  体内の音きこえをり夜寒かな
                土素
  ひざの上乗らぬ猫いて夜寒かな
  悩み事ひとつ夜寒の闇に投げ
 ◎名選手きらり夜寒の星となり
                風来

相棒の◎句は、
亡くなった義父と一緒に泊まった
釣宿での記憶からなのだそう。

次回の季題は[ 立冬 ]。

c0246847_1114891.jpg



日向でごろり。
by m-tuuli | 2013-11-06 11:23 | 俳句 | Comments(0)

句会第三回


連休の中日は雲ひとつない秋晴れでした。
上井草のcafe SLOPEにて三回目の句会。
季題は[ 月 ]

c0246847_21531975.jpg










 ◎金の月群青の空黒甍
  秋の月ラジオで笑っていた深夜
  鼻歌が懐メロばかり星月夜
                土素
 ◎三日月夜しまい忘れた猫の舌
  満月や今日はもやしのひげ取らず
  遥かなる島をめざすや月の道
                風来

次回の季題は[ 夜寒 ]。

c0246847_220737.jpg



「あったかい〜」
by m-tuuli | 2013-10-14 22:07 | 俳句 | Comments(0)

丸の内散歩・句会第二回


c0246847_16483481.jpg
c0246847_16375882.jpg

相棒の資料探しに付き合って丸の内界隈に行って来ました。
どんどんできていく新しい商業施設と、
ピカピカに生まれ変わった駅舎との風景は
なんだか異国の街を歩いているような錯覚に。
久しぶりに都心に出かけて少し緊張したけれど面白かった。

先週の日曜日は二度目の句会。
季題は[コスモス]

  コスモスの一輪ごとの銀河かな
 ◎貨物線コスモス千本揺らしけり
  アドバルーンゆらりコスモスゆらゆらり
                土素
  ささやかな釣果たずさえ秋桜
  秋桜の揺れる小径も宇宙かな
 ◎コスモスや祈りの傍で咲いてをり
                風来

相棒は自由律俳句に挑戦。う〜む小癪な。
次回の季題は[ 月 ]。

c0246847_16594714.jpg


秋の夕景はドラマチック。
by m-tuuli | 2013-09-23 17:03 | 俳句 | Comments(2)

俳句入門

c0246847_10274087.jpg









俳句をつくろう!
いきなりのかけ声にも相棒が応じてくれて、
季題を[秋の蝉]と決めました。

少し前にやっていた、
BSの「俳句王国」という番組を
相棒と楽しみに見ていたのですが、
つくるとなるとやっぱり難しい!
それでもどうにか出来た句3つずつを短冊に書いて
日曜日、
初めての“句会”。
参加者2名。
相棒 俳号:土素(トス)と私 俳号:風来(ふうらい)
上井草のcafe SLOPEにて。

お互いが気に入った句に◎
句会の場所をあえてcafe にしたのが
ちょっぴり緊張感が持てて良かったかな。

  からっぽの児童公園法師蝉
  颯爽と過ぐ回送車秋の蝉
 ◎新聞を読みたたみ置き秋の蝉
                土素
  羽音だけ残して去りぬ秋の蝉
  老猫の食欲ありて秋の蝉
 ◎美輪さんと母同い年秋の蝉
                風来

思いの外楽しかったので第二回も開催決定(笑)
次回の季題は[コスモス]。

暑さの残る日々ですが、
季節の変化は少しずつ感じられて。

c0246847_121297.jpg
by m-tuuli | 2013-09-02 12:07 | 俳句 | Comments(2)