ブログトップ

m*tuuli

mtuuli.exblog.jp

遠い国から


c0246847_15105249.jpg














いいお天気だったので図書館に本を返却しに行き、
あちこちの棚をふらふら徘徊して外に出ると、
急にあたりが暗くなってきました。
あれ?降るとは言っていたけど夜じゃなかったっけ。
洗濯物を取り込むべく、慌てて帰ります。

遠くで稲妻が光るのをベランダから眺めていたら、
近くの電線にインコがたくさん止まっているのが見えました。
最近よく見かけるのですが、調べてみたら、
“ワカケホンセイインコ”という種類のようです。
もともとはインドやスリランカに分布していて、
ペットとして持ち込まれたのが、
あちこちで野生化してしまっているのだとか。
はるばる来たのね。よく見るととても綺麗な姿です。

苦情が出ているのか、
いつも来る場所には鳥除けのワイヤーが張られています。
あんまり効き目がないようですが。

誰から聞いたのかは忘れてしまったのですが、
インコやオウムはとても長命で、
特にオウムにいたっては、人間と同じくらいか、
それ以上に生きるのも珍しくないそう。
だから、オウムを飼うかどうかの決断は、
20代のうちにしないとだめなんだとか。
私がそれを聞いたのは30才を過ぎていた時だったので、
「そうか、もうオウムは飼えないんだな。」
とその時思った記憶があります。

“ワカケホンセイインコ”も
飼育環境下では30年生きた記録があるんだそうです。
私が杖をつくようなおばあさんになった頃も、
相変わらず電線に止まっているのかな。
by m-tuuli | 2012-04-17 15:56 | 日記 | Comments(2)
Commented by タイピィ at 2012-04-21 19:08 x
かなり前にインコの野生化は聞きましたが、実際にこの色の鳥が飛んでいると、びっくりですね。
そして、そんなに長生きするの~?さらにびっくりです(^^;)
Commented by m-tuuli at 2012-04-21 23:25 x
そうなんですよね〜(*o*)
鳥の中でも寿命に随分差があるんだなあと、
調べてみて驚きました。
長生きの秘訣があるのかしら?なんてね。
<< ベランダ散歩 満開 >>